掃除のしやすさ・防汚性が飛躍的に向上した国内キッチンメーカーの最新設備

 

皆さんこんにちは。

水まわりを中心にリフォーム工事を行なっている、板橋区の桶川工業です。

 

「時短」をキーワードに忙しいお母さんに向けて、便利なキッチン設備をご紹介する連載企画、前回は国内各キッチンメーカーが開発する「調理関連の最新設備」を紹介しました。今回は「清掃」に的を絞って、おすすめの製品を掲載します。

 

水まわりのお掃除はストレスがかかりますし、油汚れは頑固なので時間がかかるのが現状です。だからといって汚ないキッチンで料理をすると衛生的にも問題があります。最新のキッチン設備には手軽に短時間で掃除できる設備がありますので、ぜひ導入して時間を有効活用してはいかがでしょうか。

 

■トレンドは「10年間、掃除要らずのレンジフード」

今、キッチン周りで話題になっているのが「10年間、自動洗浄のレンジフード」です。Panasonicの「ほっとくリーンフード」は機器がファンの掃除を自動で進めてくれます。使用者は油を集める「ラクウォッシュプレート」を自分で洗うだけです。さらに、継ぎ目がないので、表面の汚れは付近で一拭きするだけでキレイに落ちます。


 


またクリナップの「STEDIA」に搭載されている「洗エールレンジフード」も同じく10年間は自動でお掃除してくれます。クリナップは「主婦が劣化を感じる場所」を独自に調査しました。1位は「キッチン」とのことで、掃除をしやすい設備をつくったようです。

 

 

■汚れに対して徹底研究したPanasonic

しかしキッチンのお掃除について力を入れている企業といえばやはり。有機ガラスを素材に使ったカウンターで撥水・撥油性能があり、お掃除もしやすくなっています。

 

 

またシンクにも「スゴピカ素材」を用いることで、乾燥した醤油汚れや水あかなどを綺麗さっぱり落とせる設備を完成させました。そのうえ傷がつきにくいのも特徴です。傷に汚れが入り込むリスクも軽減しています。

 

 

■LIXILはセラミックを使って掃除しやすいキッチンを

またLIXILの調理台・セラミックトップも、同じようにお掃除の手間をカットしてくれる優れものです。表面の硬度が高いので傷が入りにくいほか、調味料などが染みこみません。ちなみに強化構造により耐久性も高いので、長く使い続けられます。

 

 

■タカラスタンダードは「ホーロー素材」で勝負

数年前の北欧ブームのころに、淡色の特徴的な色合いが可愛らしいホーロー素材の調理器具は流行になりました。しかしホーローの魅力はお掃除のしやすさにもあります。汚れが染みこまないので表面を一拭きするだけでキレイになるのです。また臭いがつきにくいのも特徴でしょう。そんなホーローを素材にキッチンまわりの製品をつくっているのがタカラスタンダードです。

 

 

レンジフードの中はほとんどがホーローです。またキャビネットやキッチンパネルなどもホーロー製。油汚れや調味料の汚れなどを短時間で掃除できます。

 

■時間がかかりがちなキッチン周りのお掃除をもっと手短に

油や調味料を使うキッチン周りの汚れは頑固な場合が多く、掃除にも時間がかかってしまいます。育児をしながら働く主婦の方は、できるだけ時間を短縮しつつ家事を進めたいことでしょう。

板橋区の桶川工業では今回紹介した設備のほかにも、簡単に掃除ができる製品をご用意しております。ぜひお問い合わせください。

 

<桶川工業へのお問い合わせはこちらへ>

TEL:03-3974-6111

https://www.okegawa.co.jp/contact