入浴剤、ユニットバスで使ってOK? プロの意見を交えて徹底調査!

 


皆さんこんにちは。 水まわりを中心にリフォーム工事を行なっている、板橋区の桶川工業です。

 

日々の疲れを癒してくれるバスタイム。入浴剤を使って、疲労回復したいという方は多いのではないでしょうか。しかし、入浴剤のラベルにある注意書きを見て「家のお風呂で使っていいの?」と気になったことはありませんか?

 

そこでこの記事では、入浴剤をユニットバスで使っても問題ないか、プロの意見を含めた調査結果をご紹介します。

 

入浴剤をユニットバスで使っても問題ないか

 

■住宅設備メーカーの意見「透明度の高い入浴剤なら可」 入浴剤の成分によっては、浴槽が変色したり、パッキンを傷めたり、漏水を起こしたりする原因になる場合があります。入浴剤のほとんどはユニットバスで使用できますが、注意が必要なものも…。

 

Panasonic Homesサイトより (Panasonic Homesサイトより)

 

トラブルを避けるためには、浴槽の底が見えるくらい透明感のある入浴剤を選びましょう。濃い色だと、浴槽の素材によっては色残りの原因になります。入浴後はすぐに浴槽内を洗い、配管や風呂釜も定期的に洗浄するのが望ましいでしょう。

 

また、追い焚きやジェットバス機能を使う際は、給湯器に悪影響を与えるため、入浴剤は使わないようにしましょう。

 

特に避けたい入浴剤は、硫黄系・炭酸系・アルカリ系・白濁系のものです。特に硫黄は、給湯器に使われる銅と化学反応を起こし、腐食を進めてしまいます。また、白濁系の入浴剤は沈殿した成分が給湯器に入り込み、部品を壊したり膜を張って感度を落としたりするため、避けた方が無難です。

 

■入浴剤メーカーの意見「問題ないが、木・大理石の浴槽は注意」 大手入浴剤会社の製品の多くは液性が中性の入浴剤で、問題なく使用できます。弱アルカリ性・弱酸性の入浴剤もありますが、浴槽や給湯器を傷めないよう試験をクリアしたものを製品化しているなど、配慮されています。

バスクリン|お客様サポートサイトより (バスクリン|お客様サポートサイトより)

 

ただし、木製の浴槽に白濁系の入浴剤を使うと、成分が付着して取れにくいことがあるため、使用しない方がよいとされています。天然大理石の浴槽も、入浴剤がシミになる可能性があるため、要注意です。

 

■結論:成分や浴槽タイプに注意すれば、問題なく使える 入浴剤を使う際の注意点を守れば、ユニットバスでも使えるというのが結論です。ただし、硫黄系・炭酸系・アルカリ系・白濁系など使用を控えるべき成分が入った入浴剤もあります。

 

給湯器の寿命を考えると使用頻度は減らした方がよいですが、追い炊き機能・ジェットバスで使用しないよう注意すれば、問題ないでしょう。

 

成分や浴槽タイプに注意すれば、問題なく使える

 

■まとめ ユニットバスや給湯器が故障する可能性は、使用方法や環境によって異なります。定期的に風呂釜洗浄剤などで配管や給湯器の掃除をするとよいでしょう。

 

それでも入浴剤を使えるか不安な時や、使用後に故障したかも? と心配になった時は、板橋区エリアで給湯器点検やメンテナンスを行なう桶川工業へ、ぜひご相談ください!

 

<桶川工業へのお問い合わせはこちらへ> TEL:03-3974-6111