ビルトイン食洗機を最新型に交換したい!その注意すべきポイントは?

 


皆さんこんにちは。

水まわりを中心にリフォーム工事を行なっている、板橋区の桶川工業です。

 

家電は何年も使っていると不具合が出たり、修理が必要になったりして、買い替えることもありますよね。しかし、分譲住宅のシステムキッチンによくあるビルトインタイプの食洗機は、「壊れても修理せずそのまま」「システムキッチンごと交換になると思っている」という方も多いようです。実は、ビルトイン食洗機も交換することができるのです。

 

この記事では、改めて食洗機のメリットをお伝えするとともに、ビルトインタイプの食洗機を交換する方法や注意点をご紹介します。

 

■手洗いより省エネ!食洗機のメリット

panasonicK8

 

食洗機は、油やタンパク質を分解して除菌もできる高温(60〜80度)のお湯を使って、強い水流で洗浄できます。手荒れの心配もないため、手洗い用の洗剤より強力な専用洗剤を使用でき、手洗いよりもきれいに洗うことができます。

 

資源エネルギー庁の「家庭の省エネ徹底ガイド春夏秋冬」によると、食洗機は手洗いよりも、年間8,870円水道代を節約できます。食洗機は少量のお湯を上手に循環させて洗うため、水道料金が節約でき、大きな省エネになるのです。

 

以前は食洗機に入れる前に前洗いが必要なタイプが多く、「手洗いが必要なら食洗機の意味がない」と購入を見送った方もいらっしゃるでしょう。しかし、最新型の食洗機は前洗いが不要です。前洗いがなくなって使いやすくなり、水道代も一段と節約できます。

さらに、キッチンのキャビネットに埋め込むビルトインタイプなら、スペースをとっていた洗いカゴをなくすことで、調理スペースが広がります。

 

食洗機は時間もお金も節約でき、たくさんのメリットがあります。昔は贅沢品と思われていましたが、共働き家庭も増えた今、食洗機は家事を軽くしてくれる必需品になりつつあります。

 

■ビルトインタイプの食洗機を交換する時の方法・注意点は?

panasonic食洗機入れ替え

 

ビルトインタイプの食洗機も他の家電同様、長く使っていると買い替えが必要になります。ビルトインタイプの食洗機を交換したい場合、ドアパネルの高さ等の寸法を調べ、交換可能な食洗機を選ぶことで、ほとんどのシステムキッチンで食洗機だけを交換できます。

 

この時、メーカーで廃盤になっていなければ、食洗機の扉の色や柄をシステムキッチン全体と揃えることも可能です。

 

また、当初と異なるメーカーの食洗機を設置しても問題ありません。ただし、機種によりドアの厚みが違ったり、寸法や配管の位置によっては設置できる商品が限られたりしてしまうので、注意が必要です。

 

■ビルトインタイプの食洗機の交換はプロにご相談を!

食洗機の交換はプロにお任せを!

 

ビルトインタイプの食洗機の交換には、プロの目による現状確認が大切です。「我が家に合う食洗機はどれ?」「古い食洗機だけど交換できる?」など、心配なことがあれば、まずは水まわりのプロである桶川工業まで、お気軽にご相談ください!

 

<桶川工業へのお問い合わせはこちらへ>

TEL:03-3974-6111