ブログ

夏はシャワーで済まさずお風呂に入るのがおすすめ

夏はシャワーで済まさずお風呂に入るのがおすすめ

 

7月も後半になり、猛暑にお悩みの方も多いのではないでしょうか。
とにかく、今年の夏は暑いですよね。
東京だけではなく、全国的にも熱中症で搬送された人が多く、夏バテが心配です。

 

こう暑いと、おろそかになってしまうのが「湯船に浸かること」。
湯上がりなどは体が火照ってしまうという理由などで、ついついシャワーだけで済ませてしまいがちになってしまいます。

 

しかし「シャワーで済ます」こと自体が、実は夏バテにつながってしまうのです。

 

今回は夏場に湯船に浸かることの大切さについて皆様にご紹介します。

 

 

■副交感神経を整えて夏を乗り切るカラダを作る
副交感神経を整えて夏を乗り切るカラダを作る

 

まずは入浴すると「副交感神経」が活発になることを抑えておきましょう。
副交感神経が働くと「インスリン」が分泌されます。

 

インスリンは、身体をリラックスさせてくれるホルモン。疲れをさっぱりと取り除いてくれるのです。

 

これを踏まえたうえで、夏場にこそ入浴が効果的な理由をご紹介します。

 

 

1.疲れが取れにくい

 

夏場は大量に汗をかいてしまううえ、暑い外とクーラーの効いた室内を行き来することが多いので疲れやすいですよね。

 

そのうえ重大なのが「眠れない」ということ。「布団に入ったのに寝付けない」、「しっかりと眠ったはずなのに疲れが取れていない」などの問題が発生するのです。
疲れやすいのに疲れが取れない。それが夏場の体調に大きな問題を引き起こします。
だからこそ、入浴して副交感神経を活発にしましょう。リラックス状態を高めることで、睡眠の質は高まります。

 

 

2.夏場は意外と身体が「冷える」季節

 

気温が高まる夏場ですが、エアコンの効いている室内にいることで身体が冷え切ってしまうと言う問題が起こってしまいます。
これは男性よりも筋肉量が少ない女性に多く、特にデスクで仕事をしている方は知っておきましょう。
だから暑いからといってお風呂に入らないと冷えた身体を上手くケアできないのです。
「暑い」と頭では思っていても、身体は冷えているパターンはよく見られます。

 

 

■夏ならではの入浴法
夏ならではの入浴法

 

では、続いて夏場のお風呂に入り方についてご紹介しましょう。
冬と同じように入浴すると大きな間違いを起こし、逆に疲れやすい身体になってしまいますので、注意してください。

 

 

ポイントはお湯の温度です。
「熱いお湯に浸かりたい」という方も多いでしょうが、それはいけません。
42度以上の暑いお湯に入ると「副交感神経」ではなく「交感神経」が作用します。
すると逆に興奮状態になってしまうのです。これではリラックス効果は得られません。

 

だから37~38度を目標にお湯を沸かしましょう。
この辺りの温度で10~20分浸かること。あまり長湯しすぎると疲れやストレスが溜まってしまいます。

 

 

■半身浴で汗をかいて代謝アップ! もっと疲れにくい身体に
半身浴で汗をかいて代謝アップ! もっと疲れにくい身体に

 

またおへその少し上くらいまでのお湯に浸かる「半身浴」もおすすめです。
血流が良くなるので、冷えの改善や凝りの解消にも効果があるうえ、汗をかくので代謝が上がり、疲れにくい身体をつくってくれます。

 

夏場はお風呂の入り方1つで、体調がグンと良くなります。
ぜひ積極的に入浴して、猛暑を乗り切っちゃいましょう。