ブログ

リフォームとリノベーションの違いとは?

リフォームとリノベーションの違いとは?

 

住まいに手を加え、より住み心地がいい空間をつくる手段として「リフォーム」と「リノベーション」があります。 この2つはどのように違うのでしょうか。どのような状況によって、使い分ければよいのでしょうか。

 

今回は「リフォームとリノベーションの違い」についてご紹介します。
ご自宅に不満がある方はぜひご覧ください。

 

 

■リフォームとは
リフォームとは

 

リフォームとは、ひと言でいえば「元通りにすること」を指します。床や壁紙、キッチン、バスルームといった部分的な設備を蘇らせることです。 傷ついて汚れたクロスを貼り替えたり、水まわり設備を取り替えたりするのがリフォームです。住まいの原状回復をする工事といえます。

 

リノベーションに比べて工期が短く、施工が安価で済むのはメリットでしょう。 逆に、既に決まった設備や間取りの範囲内でしか動けないので自由度が低いのがデメリットです。


 

 

■リノベーションとは
リノベーションとは

 

リノベーションは「作り直し」という意味です。古びてしまった家の内装や躯体をすべてまっさらな状態にしてイチから施工をします。 もとの住まいにプラスアルファの価値が付随する工事です。

 

たとえばお子さんが一人暮らしを始めて家を出ていった場合、住まいには1人分の無駄が発生します。 快適な住まいをつくるためには、間取りから考え直す必要があるでしょう。

 

施工の自由度が高いのがメリットです。今後のライフプランを踏まえて、理想の家のカタチを実現できます。 また最新の設備類を導入できるので、暮らしの質が高まるでしょう。対してデメリットはリフォームよりも工期が長く、その分コストも大幅に掛かることでしょうか。

 

 

■時と場合によってリフォームとリノベーションを使い分ける
リフォームとリノベーションを使い分ける

 

クロスの剥がれが気になったり、扉の建て付けが悪くなったりと、小規模なトラブルであればリフォームでも済むかもしれません。 しかし家に無駄な部屋あったり、スペースを無駄遣いしてしまったりと、規模の大きい施工が必要な場合はリノベーションをする必要があります。

 

リフォームで原状回復をしたところで、続けざまにトラブルに巻き込まれてしまったら意味がありません。 便利な設備はリリースされ続けていますので、リノベーションで設備を一新するのも1つの手でしょう。

 

 

桶川工業株式会社ではリノベーションのご相談にものります。
板橋区のご相談ならお気軽にお問い合わせください。

 

https://www.okegawa.co.jp/inquiry/