ブログ

ハイブリッド給湯器+温水式床暖房で、冬でもぽかぽか

ハイブリッド給湯器+温水式床暖房で、冬でもぽかぽか

 

皆さんこんにちは。水まわりを中心にリフォーム工事を行なっている、板橋区の桶川工業です。
すっかり秋めいて、朝晩肌寒くなってきましたね。寒さが本格的になる前に、冬支度をしたいところ。今回は、温水式床暖房と給湯器についてご紹介します。

 

 

■床暖房VSエアコン、どちらが快適?

 

エアコン暖房を入れて、頭だけ熱いのに足元は寒いという経験がありませんか?
これは、暖かい空気が上に昇って、部屋に冷暖のムラができているからです。
部屋全体をムラなく暖めるには、「温水式床暖房」がおすすめ。

 

温水式床暖房とは、床下に温水が流れる配管を敷設することで床を温める仕組みの床暖房のこと。
熱が伝わる三つの効果「伝導熱」「ふく射熱」「対流」を複合的に利用しているのも特徴です。

 

床面からの「伝導熱」でやわらかく空気を暖め、「ふく射熱」の遠赤外線効果で体の芯からポカポカに。
さらに「対流」により、部屋全体をムラなく暖めます。

 

 

■体をやさしくあたためる温水式床暖房
体をやさしくあたためる温水式床暖房
床暖房は冷暖のムラが生じないので、結露・カビを抑え、駆動の音も気になりません。
エアコンのように風を起こさないので、埃に敏感な方にもおすすめ。
部屋の空気も乾燥せず、手足の冷えやすい方や、幅広い世代にやさしい暖房器具。耐用年数も30年以上であることが確認されています。

 

さて、「温水式床暖房」の配管に流れる水を温める役目を担うのが「給湯器」です。
お湯をつくる方法には、「電気(ヒートポンプ)」や「ガス」がありますが、今回は、電気+ガスの両方のいいとこ取りで給湯を行う「ハイブリッド給湯器」をご紹介します。

 

 

■給湯と床暖房コストをダブルで削減

 

リンナイ「ECO ONE(エコワン)」+「床ほっとE」
リンナイ「ECO ONE(エコワン)」

 

「ECO ONE(エコワン)」は、ガスの瞬発力と電気の持久力で、効率よい給湯・暖房を打ち出したハイブリッド給湯器。低燃費であるのも特徴の一つです。
一方で、「床ほっとE」は、リンナイが独自開発した技術を投入し、省エネを実現したガス温水式床暖房。
「ECO ONE(エコワン)」と組み合わせることで、給湯コストと床暖房コストをダブルで削減できます。

 

 

■省エネ性能のアップやランニングコスト削減を実現

 

ノーリツ「ハイブリッド給湯・暖房システム」
ノーリツ「ハイブリッド給湯・暖房システム」

 

給湯器としては、従来機に比べ省エネ性を格段にアップ、1℃刻みで制御を行い、効率のよいときに必要な分だけ、無駄なく貯湯することができます。
連携する「高効率温水暖房マット」も、ランニングコストの削減や立ち上がり時間の短縮を実現。
床を剥がさず上から貼るだけで設置が可能なタイプもあるので、リフォームにもうってつけです。

 

 

リンナイ・ノーリツの温水式床暖房ともに、新築はもちろん、リフォームにも対応。給湯器のサイズもさまざまなので、狭小地にも対応しています。
給湯器は同じメーカーでも、エネルギーを振り分ける仕組みやタンク容量など、さまざまな種類があります。おうちの規模やご家族構成、ライフスタイル、ガスと電気を使う割合によっても選び方は異なりますので、お気軽にお問い合わせください。