ブログ

もしもの時のために。水漏れ対応保険に加入しましょう!

もしもの時のために。水漏れ対応保険に加入しましょう!

 

皆さんこんにちは。水まわりを中心にリフォーム工事を行なっている、板橋区の桶川工業です。生活していれば誰でも、自宅で水漏れトラブルに見舞われる可能性があります。

 

水漏れトラブルに、急な出費はつきものです。そんな時に対応できる「水漏れに対応している保険」、あなたは入っていますか?

 

 

■「水漏れ対応の保険」とは?
「水漏れ対応の保険」とは?

 

水関連のトラブルが発生したときに適用される保険です。以下の2種類があります。

 

 

1. 火災保険

 

2. 個人賠償責任特約(火災保険、傷害保険、自動車保険や自転車保険などに特約としてつけられるもの)

 


1と2は同じ種類の保険ではありません。では、その違いはどこにあるのでしょうか?

 

 


■1. 火災保険とは
火災保険とは

 

一戸建てやマンション、ビルなどの「建物」と、建物の中にある家具や什器などの「動産」を補償する保険です。 名前で誤解されそうですが、実は設備の不具合による水漏れにも対応しています。洪水で床上浸水した場合の水害など、自然災害による損害や、排水管が詰まり、床が水浸しになった場合などの損害についてカバーされます。 水漏れに関連する対象設備は、

 

・水道管・排水管
・給湯ボイラー
・ガス湯沸かし器
・トイレ水洗設備
・雨どい
・浄化槽

 

などです。

 

 

【適用外の例】

 

・風呂の水があふれたなどの「過失」
・雨漏りなど建物の「老朽化」
など、火災保険は「設備の故障による水漏れ」にのみ対応しており、事故性が低いものは対象外となりやすいのでご注意ください。

 

 

■2. 個人賠償責任特約とは
個人賠償責任特約とは

 

トラブルに対し、損害賠償金を負担する必要があるときに補償してくれる保険特約です。 自宅の水漏れで階下の部屋に損害を与えた場合など、通常、契約者本人やその家族が他人の身体や物に損害を与えた時に補償します。

 

現在、自動車保険や傷害保険、火災保険、都道府県民共済、コープ共済などの保険に入っていると、特約として追加契約することが可能です。 個人賠償責任保険としての単独加入はできません。

 

 


【適用外の例】

 

・プライバシー侵害や名誉毀損、著作権侵害の場合
・仕事中や同居の家族に対する場合
・故意、重大な過失がある場合

 

 


【個人賠償責任特約の注意点】
特約として他の保険に付帯しているため、家族で複数の保険に入っている場合は重複契約している可能性があります。 また保険を解約する際は、知らないうちに解約することがないよう、特約が付いていないか確認してください。
保険会社によっては補償内容が異なることもあるので、加入の際はきちんと保険内容を把握しましょう。

 


そして、もし自宅で水漏れトラブルが発生してしまった場合、まずは修理や相談がしやすい地元の水道修理業者に連絡しましょう。

 

桶川工業は、地域密着型業者として板橋区を専門に対応しています。困ったことがあればお気軽にご相談ください。