ブログ

外用水栓を考える時に気をつけておきたいポイント

外用水栓を考える時に気をつけておきたいポイント

皆さんこんにちは。水まわりを中心にリフォーム工事を行なっている、板橋区の桶川工業です。

 

庭や玄関先に外用水栓があると、植木への水やりや洗車をする時など何かと便利ですよね。外用水栓を取り付ける際は、その使用目的によってどのようなタイプにするか選ぶことがポイントです。

 

そこで、外用水栓の種類や設置する時に気をつけるべきことについてご紹介します。

 

 

■外用水栓の種類と特徴

 

・立水栓
外用水栓の種類と特徴

 

地面から垂直方向に設置される、直立したタイプの水栓のことを立水栓といいます。

 

ジョウロに水をくんだり、ホースをつないで水をまいたりと幅広く使うことができます。
形や材質によって雰囲気が大きく変わるので、どのようなデザインにするか考えるのも楽しめそうです。
設置する場所は、使用用途や確保できるスペースの広さによって決めましょう。

 

 

・散水栓
外用水栓の種類と特徴2

 

地面にフタ付きのボックスを埋め込み、そのなかに水栓を直接取り付けるタイプです。

 

使う時はフタを開け、ホースなどをつないで水を出します。
地中に設置するので、使う時に毎回しゃがまなければなりませんが、目立たず場所も取らないのが特徴といえます。
なるべくコンパクトな水栓にしたいという方にオススメです。

 

 

・壁水栓
外用水栓の種類と特徴3

 

独立して設置するのではなく、水栓を壁に埋め込んで給水するタイプもあります。

 

設置場所を確保するのが難しく、かつ地面には設置したくないという場合は壁水栓がよいでしょう。
立水栓と同じように使用できるので、さまざまな場面で活躍しそうです。
ただし、外壁への水の飛び散りが気になる方は使う時に注意するようにしましょう。

 

 

■配管と排水経路をチェック
配管と排水経路をチェック

 

外用水栓を設置するには、当然のことながら配管を通しておく必要があります。
設置したい場所があっても、場所によっては配管を通すのが難しいかもしれません。
すでに配管を通してあるという場合は、それにつなぐ形で外用水栓が設置できるか確認するようにしましょう。

 

そして、もうひとつ決めないといけないのが排水経路です。使った水を受けるための排水パンを設置する、高さの低い方へと流れるように経路をつくるなど、排水方法はいくつかあります。
外用水栓を取り付ける時は、排水経路を確保することも忘れないようにしましょう。

 

外用水栓は生活の色々な場面で役に立つので、ガーデニングをする方や車をお持ちの方は設置を検討してみてはいかがでしょうか?

 

外用水栓の設置をはじめ水回りに関することは、板橋区の桶川工業までお気軽にご相談ください!