ブログ

散水栓・水栓柱から水漏れ!その原因と対処法はこちら

 

皆さんこんにちは。水まわりを中心にリフォーム工事を行なっている、板橋区の桶川工業です。

水まきに使用する散水栓(蛇口)や水栓柱(地面から垂直に出ている水栓の柱)は屋外にあるため、常にメンテナンスしている方は少ないでしょう。ふと気づいたときには水漏れしていた…というケースは意外と多いのです。ここでは、散水栓・水栓柱が水漏れする原因とその対処法をご紹介します。

 

 

■水漏れの多くはパッキン不良が原因
蛇口のパッキン不良

 

散水栓・水栓柱の水漏れを発見したら、まずはパッキンをチェックしてみましょう。パッキンは液体を外に漏れないよう密閉する役割を果たしており、水栓が正常に働くためには欠かせない部品の1つです。
パッキンは、蛇口とハンドルの接合部分に使われたり、蛇口と吐水パイプの接合部に使われたりしています。水漏れが起きたとき、パッキンを新品のものと交換すると解決することが多いといわれています。パッキンは消耗するものなので、定期的にチェックし、メンテナンスすることが大切です。

 

 

■水漏れの対処法【原因部位別】
水漏れ修理・交換

 

水漏れの原因ごとに、修理や交換で解決する方法は異なります。それぞれの対処法を解説しましょう。なお、修理をする際には水道の元栓を閉めることを忘れないでください。

 

・ハンドルの根本
水漏れがハンドルの根本から起きている場合は、モンキーレンチでハンドルを外し、接合している部分の三角パッキンを交換することで解決します。

 

・吐水パイプの根本
吐水パイプの根本が水漏れしている場合は、モンキーレンチで吐水パイプを外して、接合している部分のUパッキンの交換を行います。

 

・吐水パイプの先端
先端が水漏れしている場合は、モンキーレンチでハンドルを外し、駒パッキンを交換することで水漏れを止めることができます。

 

・破損
散水栓そのものが破損している場合は、新しいものと交換しなければなりません。DIYで交換することも可能ですが、専門業者に依頼した方が安心安全です。

 

 

■散水栓・水栓柱は日頃の使い方が大事
蛇口

 

屋外の散水栓や水栓柱は、ついつい雑に扱ってしまいがちです。しかし、日頃の使い方が水漏れを引き起こす原因につながる場合が多いため、大事に使用しましょう。以下のような行動はトラブルの原因となるため、注意してください。

 

・力任せにハンドルをひねる
・自転車や車をぶつける
・ボールなどを頻繁に当てる
・長期間使用しないまま放置する

 

このような行為により、散水栓や水栓柱のトラブルに発展するケースは多いです。自然劣化もありますが、人為的に故障させる行動は起こさないよう心がけることが、散水栓・水栓柱を長持ちさせる秘訣といえるでしょう。

 

 

■板橋区エリアにお住まいのみなさまへ

 

わたしたち桶川工業は、散水栓・水栓柱の水漏れに迅速丁寧に対応します。
水まわりで「困った!」ときは、板橋区の桶川工業までご相談ください。

 

 

※お問い合わせは、以下のフォームをご活用いただくと便利です。
https://www.okegawa.co.jp/inquiry/