ブログ

格安リフォームに注意!プロが教える水まわりリフォームの相場と正しい業者の選び方

住まいの利便性を考えたとき、キッチンやお風呂、トイレや洗面台といった水まわり設備の使いやすさは重要なポイント。ただ、水まわり設備は使用頻度の高さや水を扱う分、劣化が早い場所でもありますので、住まいの中で最初にリフォームを考える方が大勢いらっしゃいます。

 

今回は、そんな「はじめての水まわりリフォーム」において、気になる水まわりリフォームの相場と失敗しない業者選びの方法についてご紹介させていただきます。

 

水まわりリフォームの相場は?

水まわりリフォームの相場は、取り付ける商品の大きさ、機能、グレードなどによって大きく異なります。また、取り付ける場所の劣化具合や建物の構造などによっても工事費用が上がってしまうため一概に算出することはできませんが、おおよその目安は下記のような物になります。

 

■キッチンリフォームの相場

システムキッチンはおおよそ40万~200万円程度の商品購入費用のほか工事費用が発生します。排水管の位置変更などを行なうと床工事や配管工事が必要になるケースがあります。

 

■浴室リフォームの相場

ユニットバスを導入する場合も約40万~200万円程度の商品購入費用のほか、工事費用が発生します。また、タイル貼りの在来工法で作られた浴室は、老朽化に伴い床下などに腐食が見つかるケースがあり、その場合は修繕費用なども発生します。

 

■洗面台リフォームの相場

洗面化粧台は10万円~50万円程度の商品購入費用のほか、工事費用が発生します。

 

■トイレリフォームの相場

トイレの便器交換といったリフォームの場合、10万~40万程度の商品購入費用のほか、工事費用が発生します。汲み取り式から水洗式に交換する場合は工事費用が高くなりますのでご注意ください。

 

水まわりリフォームにおける悪徳業者の存在


水まわり設備のリフォームは、設備機器費用が高く、配管作業なども含まれるため他のリフォームと比べてもどうしても高額になってしまいます。そのため、より安く工事をしてくれる業者に目が行きがちになってしまい、悪徳業者にあたってしまったというケースは少なくありません。

 

悪徳業者に任せてしまうと、結果的に高額な費用を取られるばかりか、粗悪な工事をされて構造にダメージを負ってしまうこともありますのでご注意ください。


ここでは、悪徳業者がよく使う手口をご紹介します。

 

■「半額にする」「特別価格で工事できる」

安く工事できるといったキャンペーンは多いですが、適正価格の半分の料金で工事をするとなるとほとんど利益は出ません。そのような場合は最初から2倍以上の値段設定で施工を見積もってきている場合があります。また、今なら特別価格で工事ができると契約をせかしてくるといった場合も一旦冷静になってから判断することをオススメいたします。

 

■追加工事で高額な費用を請求する

着工は安い金額で契約し、工事途中に追加工事を無理矢理行なって最終的に高額な請求をするといった手口。着工してしまうと途中でやめるといったことが難しくなる弱みにつけ込まれてしまいますので、事前の業者選びが大切です。

 

正しい水まわりリフォーム業者の選び方


CMで見るような大手のリフォーム業者は確かに信頼度が高いですが、その多くは自社で施工を行なうのではなく下請け業者に頼むため、そのときによって品質はまちまち。さらに宣伝費用にお金をかけているのでその分が施工費用に上乗せされています。


費用も品質も確実なのは、その土地に根ざし、長年にわたって営業を続けている会社。
地域密着営業で中途半端な仕事をしてしまうと、口コミで悪評が立ち、すぐに仕事が来なくなってしまいます。そんなシビアな環境のなかで営業を続けられている会社は信頼してもいいでしょう。

 

水まわりリフォーム業者を選ぶ際は、適正価格かどうか、地域密着かどうか、創業何年かなどに注目してみてください。東京都板橋区の桶川工業株式会社は70年にわたって各種水まわり設備工事に対応してきた実績があります。水まわりリフォームのお見積もりはもちろん、些細なことでもお気軽にご相談ください。